メインイメージ画像

事務所を借りる時

事務所を借りる時に驚くのが高額な初期費用なのではないでしょうか。大半の貸事務所は、一般の住宅よりも保証金が高額であることが多いようです。不動産屋に支払う仲介手数料などと合計してみると、かなりの出費になってしまいますよね。せっかく良い事務所を見つけても、もう少し安ければ…と諦めてしまっていませんか?そのような時はすぐに諦めるのではなく、不動産屋に交渉するといいかもしれないです。長期間借り手のない物件や景観が良くない場所、日が当たらない立地、使い勝手の悪い間取りなど、何らかの「ワケ有り物件」であれば、不動産屋も交渉に応えてくれることが多くあるようです。あともう一点チェックしなければならないことは、内装や電気工事を行う指定業者がいるのかといったことです。ビルオーナーによって前もって業者を指定しているということがあるんですが、そのような場合は費用が高額になってしまうことがあるため、事前に指定業者がいるかどうか、どの業者に依頼をするのかを確認する必要があるでしょう。

イメージ画像

事務所を移転する際、大切なデータや機材を預けるわけですから、どの引っ越し業者に頼むかは非常に重要なポイントになってきます。いくつかの業者に見積もりを依頼して比べてみたらいいかもしれません。各引っ越し業者によって実際の引越しの日程や料金などは大きく異なるので、比較したうえで最も都合が合うところを選択するようにするといいでしょう。見積もりの際のやり取りの中で迅速な対応をしてくれるかどうか、きちんとしたレスポンスがあるかをしっかりと見極め、それを参考にするのも良いかもしれません。その他にも引っ越しの時には新しいオフィスの工事をする業者を探すことも重要です。貸事務所によってはビルのオーナーの指定業者がいる場合も考えられますが、そうでない場合は自分自身で業者を選択しなければなりません。この場合も同じように、いくつかの業者と話をして見積もりを依頼し、それをもとに決定すると良いでしょう。