メインイメージ画像

事務所の移転を決める前に!

現在の事務所から移転しようと考えている方は、新しいオフィスを決める前に「どうして移転をしたいか」をはっきりしておくことが必要です。従業員が増えて狭くなった、建物や設備の老朽化、家賃が高い、立地条件の良い所がいい…など、移転を決める理由は会社によって様々でしょう。引越しの理由をハッキリしておくことによって、次の事務所を探す時の絶対条件をはっきりさせることが可能になるのです。いくつもの物件を見ていくうちに、優先事項があいまいになってくることが多いようです。絶対条件と希望条件の優先順位を守ることによって、よりスムーズに物件探しをすることができるかもしれません。それと並行して今いるオフィスについても、契約内容を確認することが必要です。解約するための書類を作ったり、解約金を準備するなど、することが沢山あります。引越しの時になって慌てることのないように、早めに準備しておくといいかもしれません。

イメージ画像

事務所の引越しをする場合に、一番大切なポイントは、スケジュール管理でしょう。引越しの時にはしなければならないことはいっぱいあるはずです。新しいオフィスを決定することから始まり、工事を行う業者と相談をしたり、電話などの回線を準備すること、取引先や顧客などへの連絡、引っ越し業者を選ぶことなど、引越しが終わるまでとても忙しくなります。順調に作業を進めていく為に、スケジュールの管理はちゃんとする必要がありますね。事務所の移転についてアドバイスをしてくれる専門家もいますから、何をしたらいいか分からないという方は相談するのはいかがでしょうか。新しい事務所に荷物を移し終えたら、今まで使用していた事務所の原状回復をしていかなければいけません。一般的な住宅とは違い、クロスなどは借り手が張り替えることがほとんどのようです。そういった原状回復は各物件によって義務範囲が違いますので、先に契約書をチェックして用意しておくことが必要でしょう。